HOME > blog > きちんと知ろうイスラーム
2022/02/22

きちんと知ろうイスラーム

管理者用

きちんと知ろうイスラーム・カバー.jpg

『きちんと知ろうイスラーム』
岩木秀樹(創価大学非常勤講師)著
定価 1,980円(税込) 四六版並製 240ページ
ISBN 978-4-87122-202-0

 一般的に、イスラームについては否定的に、欧米や日本については肯定的に報道される場合が多い。本書では、偏(かたよ)りのない正しいイスラーム理解を通じて、「正しい世界観・歴史観」を学ぶことを目指している。したがって、今まであまり注目されなかったイスラームの積極的プラス側面を中心に説明しようと思っている。(「はじめに」から抜粋)

 ――信徒数は世界で16億人とも18億人とも言われ、昨今の世界情勢はイスラームを抜きにして正しく読み解くことはできない。本書では、〝今もっとも知るべき宗教〟イスラームについて、3人の対話を通して、わかりやすく解説している。

【試し読み】

イスラーム1.jpg
1995年2月、著者がトルコ留学時に撮影(本書の口絵から)

イスラーム2.jpg
イスラーム3.jpg
イスラーム4.jpg
イスラーム5.jpg


【コラム 世界三大料理としてのトルコ料理】

イスラーム6.jpg イスラーム7.jpg


イスラーム8.jpg イスラーム9.jpg

トルコ料理が、中国料理、フランス料理と並んで、世界三大料理だということを知っている人は少ないです。これらの地域には大帝国が存在し、世界中から食材を集め、帝国内に住むさまざまな人々が食べられる普遍的な料理を作ったので、世界三大料理になったのです。トルコもオスマン帝国の末裔で、どんな民族、宗教の人々も食べられる料理を作るなど、トルコ料理は帝国的共存を象徴するものでした。

羊などのケバブをはじめとする中央アジア起源の肉料理、地中海地方でよく使われているオリーブオイル、黒海や地中海の海産物、さまざまな香辛料、これら東西の食材を融合して、トルコ料理は作られました。(抜粋)


<著者プロフィル>
岩木秀樹(いわき・ひでき)
1968年、兵庫県尼崎市生まれ。創価大学博士後期課程修了、博士(社会学)。専門は平和学、国際関係学、中東イスラーム学。現在、創価大学非常勤講師、東洋哲学研究所委嘱研究員。
著書に『戦争と平和の国際関係学―地球宇宙平和学入門―』論創社、2013年、
『中東イスラームの歴史と現在―平和と共存をめざして』第三文明社、2018年、
『共存と福祉の平和学―戦争原因と貧困・格差』第三文明社、2020年(岡倉天心若手奨励賞受賞)。

ご購入はこちらからどうぞ