株式会社 鳳書院 ブックスオオトリ

 
 MENU
出版・書店なら、ブックスオオトリの株式会社鳳書院
 

ノンフィクション

HOME > 書籍紹介 > ノンフィクション
ひとり.jpg
書名
ひとりじゃないから、大丈夫。
著者名
織田 友理子(おだ ゆりこ)
出版年月
2015年10月20日
定価
1,296円(税込)
体裁
四六判・並製
ページ数
224ページ
ISBNコード
978-4-87122-185-6
電子書籍発売日 
2015年11月13日
Amazonで買う

 ひとりじゃないから、大丈夫。

           

主な内容

「4.5㎝。これは私が、街で障害を感じる段差です」

―――講演で、こう呼びかける著者。

PADM(パダム)遠位型ミオパチー患者会代表であり、バリアフリー情報サイト「車椅子ウォーカー」を運営する著者は、国内で加速するハード面のバリアフリー化に障害者の視点を伝えるとともに、人々の意識の変革、いわば「ハートのバリアフリー」の重要性を訴える。

「どんな困難も、心さえ負けなければ、大丈夫。私には支えてくれる多くの方々がいる。あなたにも必ずいる。ひとりじゃないから、大丈夫」―――健常者も障害者も互いに認め合い安心できる世の中を目指す著者の軌跡が綴られる。

 


 

 2015年11月13日より電子書籍版が発売いたしました。

 

 電子書籍版のご購入はこちらから

 リンクバナー (1).png  リンクバナー (2).png  リンクバナー (3).png

 

 

宗教.jpg
書名
最新版 宗教はだれのものか
世界広布新時代への飛翔
著者名
青山 樹人(あおやま しげと)
出版年月
2015年10月9日
定価
1,080円(税込)
体裁
小B6変形上製
ページ数
256ページ
ISBNコード
978-4-87122-184-9
Amazonで買う

 最新版 宗教はだれのものか

               世界広布新時代への飛翔

 創価三代の会長は、世界宗教への道をいかに切り開いてきたのか―――。

学会の誕生から今日までの激闘の歴史と、未来への指標を学ぶ一書。

主な内容

・はじめに

第1章 SGIの誕生

第2賞 師子身中の虫

第3章 広布の山を登れ

第4章 三類の強敵

第5章 人間のための宗教

巻末には、主な参考文献と年表を掲載。

命みつめて あの日から今、そして未来へ
書名
命みつめて あの日から今、そして未来へ
著者名
公明新聞東日本大震災取材班・編
出版年月
2014年10月
定価
1,296円(税込)
体裁
B5変形
ページ数
160ページ
ISBNコード
978-4-87122-182-5
Amazonで買う

命みつめて あの日から今、そして未来へ

甚大な被害をもたらした東日本大震災。
想像を絶する悲しみ、苦しみのなかから、明日への一歩を踏み出した14の生死のドラマを紹介します。
題字は三浦ひろみさん。ご主人は大震災のあの日、南三陸町の職員として防災庁舎に残り、避難無線を発信し続け津波にのまれました。 亡き夫への想いを筆に託されました。

主な内容

・遺志を継いで
・寄り添って、支え合って
・明日に向かって
【写真で見る復興への軌跡】
・あの日を忘れない
・問い続けるフクシマ
・負げでたまっか
・希望の明日へ

母と昭和とわらべ唄 しつけと情のある暮らし
書名
母と昭和とわらべ唄
著者名
海老名 香葉子
出版年月
2013年6月
定価
1,620円(税込)
体裁
四六判上製
ページ数
252ページ
ISBNコード
978-4-87122-175-7
Amazonで買う

母と昭和とわらべ唄 しつけと情のある暮らし

昭和から平成を生きたおかみさんの、波乱万丈の日々。
11歳、東京大空襲で親、兄弟をいっぺんに奪われた哀しみと苦しみ。
40代で夫、三平師匠を亡くした苦悩と苦労。
それでも強く生き抜いた日々を活写した人生エッセイ。
—はじめて歌ったわらべ唄のDVD付き—

主な内容

第1章 家族の力
第2章 ていねいに暮らす
第3章 いつも歌があった
第4章 愛と笑顔に包まれて
第5章 命ある限り生きる

—母は優しかった。
—父はえらかった。
愛と情があふれた下町の暮らしには、きちんとしたしつけがあった。

nonfiction_book_08.jpg.jpg
書名
お菓子とフランス料理の革命児 ぼくが伝えたいアントナン・カーレムの心
著者名
千葉 好男(フレデリック・チバ)
出版年月
2013年5月
定価
1,728円(税込)
体裁
四六判上製カバー装
ページ数
200ページ
ISBNコード
978-4-87122-174-0
Amazonで買う

お菓子とフランス料理の革命児
ぼくが伝えたい
アントナン・カーレムの心

フランス料理の礎を築いたアントナン・カーレムは、逆境をバネに数々の料理を創造。またエクレアやシャルロットなどのお菓子を美しく進化させました。10歳で捨てられ、孤児だった彼の生涯は、希望を抱き努力し続けるならば、人生は己の力で切り拓いていけることを強く教えてくれます。

日本人初のフランス料理アカデミー協会会員の著者が書いたカーレムの生涯。この書は、〝料理本のアカデミー賞〟と言われる「グルマン世界料理本大賞」の食文学部門で2014年度のグランプリを受賞しました。

第1章 カーレムが生まれた時代
第2章 カーレムの修業時代
第3章 ナポレオンとカーレム
第4章 カーレムの料理に魅せられた人々
第5章 人間カーレム
おわりに—未来のパティシエへ

 

今を生きる しあわせ
書名
今を生きる しあわせ
著者名
河野 義行
出版年月
2012年6月
定価
1,512円(税込)
体裁
四六判上製
ページ数
208ページ
ISBNコード
978-4-87122-168-9 C0095
Amazonで買う

今を生きる しあわせ

松本サリン事件で犯人扱いされた河野さん。
サリンの後遺症で意識が戻らないままの妻を14年間介護し、4年前に見送った。
いま新天地・鹿児島に移り住み、新しい人生を歩み馴染めた60歳からの日々。

主な内容

プロローグ 松本サリン事件の真相
第1章 妻、澄子と生きた三十年
第2章 趣味は人生を何倍にも楽しませてくれる
第3章 いくつからでも出発できる
第4章 人間関係という財産
第5章 この考え方が人をラクにする
エピローグ 人はみな楽しむために生まれてきた

心さえ負けなければ、大丈夫
書名
心さえ負けなければ、大丈夫
著者名
織田友理子
出版年月
2011年9月
定価
1,296円(税込)
体裁
四六判並製
ページ数
208ページ
ISBNコード
978-4-87122-164-1
Amazonで買う

心さえ負けなければ、大丈夫

「運が悪くて病気になったのではない。
私が病気を選んで生まれてきたのだ。
今いる場所で、私は病気を使命に変えて生きる」
著者が進行性の希少難病「遠位型ミオパチー」と宣告されたのは、22歳の時。
手足にはじまり、やがて全身の筋肉が奪われていくこの病気は、いまだ治療法も確立されていない。家族、恋人、友に支えられるなか、結婚し一児の母に。
さらに患者会を立ち上げ、難病の実情を訴え署名運動等を展開。
活動はやがて国を動かし、治療薬開発への道を拓く。
使命に生きるその姿は、多くの人々に希望と勇気を与えます。

希望のスイッチは、くすっ
書名
希望のスイッチは、くすっ
著者名
脇谷みどり
出版年月
2011年9月
定価
1,296円(税込)
体裁
四六判変形並製
ページ数
144ページ
ISBNコード
978-4-87122-165-8
Amazonで買う

希望のスイッチは、くすっ

うつ病の母に笑顔がもどった奇跡のはがき
「エチカの鏡」(フジテレビ系列)で紹介された感動のドラマ。重い障がいの娘を介護するなか、郷里の母がうつ病を発症。「死にたい」という母に著者は、毎日笑えるはがきを送り続けた。娘から届くはがきは、やがて母の生命のなかで確かな希望となり、うつ病を克服する。くすっと笑った瞬間、心はもう前を向いています。 あなたの心にエールを贈る一冊です。

朗らかに!—私がつくる「平和の文化」
書名
朗らかに!—私がつくる「平和の文化」
著者名
創価学会女性平和委員会 編
出版年月
2008年12月
定価
1,234円(税込)
体裁
B5変型判上製
ページ数
140ページ
ISBNコード
978-4-87122-152-8
Amazonで買う

朗らかに!—私がつくる「平和の文化」

「平和の文化フォーラム」体験主張集
現在、全国各地で開催中の女性平和委員会主催「平和の文化フォーラム」は、信仰を持った女性が、はつらつと生きる様子を紹介する場として、内外に大きな感動と共感を呼んでおります。
この度、本書では、「平和の文化の太陽」を目指し、地域に友情の輪を広げる、多くの女性の中から、地域活動や文化交流、平和主張など、18名の方の体験を収録いたしました。
一人の女性、母親の、仏法を根本とした強き祈りと行動が、周囲にどれほど希望を送り、勇気を奮い立たせ、家庭・地域を変革していく力となるかをくみとっていただければ、これほどうれしいことはございません。

主な内容

☆長編詩
「平和を!平和を!そこに幸福が生まれる」
山本 伸一
☆はじめに
創価学会婦人部長  三井 麻生
☆寄稿
「女性こそ『平和の文化』の担い手」
前国連事務次長 A・K チョウドリ
☆体験主張
1章 今、いる場所から 5題
2章 ともに生きる 6題
3章 心と心を結ぶ 4題
4章 心に平和の砦を 3題
☆池田名誉会長の指針より
《「平和の文化」とは》
☆私からのメッセージ
《4人の識者の声を紹介》

こちらの商品もおすすめですこちらの商品も
おすすめです

  • 随筆 地域の旭日
    地球の未来へ
    池田大作著
    > 詳しくみる
  • ふるさとの光 随筆 ふるさとの光
    すばらしき地球家族へ
    池田大作著
    > 詳しくみる
  • 新装改訂版
    希望の翼
    池田大作著
    > 詳しくみる
  • 希望の世紀へ
    教育の光
    池田大作著
    > 詳しくみる